SponsoredLink

ガーデンウエディングでの雨対策

ガーデンウエディングといえば屋外。
晴れてくれれば万々歳ですが、お天気ばかりは神のみぞ知る。
逆に言えば、晴れたはいいけど、暑すぎる、寒すぎるという可能性もあるわけです。
ガーデンウエディングのチェックポイントはこの辺の対応をどういう形でしてくれるかということなのでは?
会場探しの際にぜひ聞いておいて欲しいポイントの一つです。


まずは大問題の雨。
これは、天候に配慮してテントを張ってくれるところが多いようです。
雨もしのげるし、日差しが強すぎる場合でも日よけとして大活躍してくれます。
そして屋外での料理サーブになるわけなので、その料理を守る役目も果たしてくれるというなかなかの優れもの。
できれば大きめのテントをいくつか設置してもらえると安心なのかも。


そしてもう一つは、大雨や台風(こないとも限りませんよ)などで屋外ではどうしてもできない状況になってしまった場合の対処。
屋内での会場へ移して行うことは可能かなどを確認しておくことが大事。
結婚式の季節として大人気の春や秋などは、天候の移り変わりが激しい時期なので、この辺が難しいところですね。


あと一つ気をつけたいポイントが、ご年配の方やお子様への配慮。
招待客は年齢もさまざまです。
屋外でのパーティは普段の生活とは違い、非日常な感覚になります。
戸惑う場面もあるでしょうし、体調などへの配慮も大切になってくると思います。


ガーデンウエディングは、結婚式とは思えないアットホームな空気を出すことができるので、素敵な空間を演出できます。
招待客の思い出にも残るような結婚式の為にも、チェックポイントはきちんと押さえて!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5330884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック